バイアグラを過剰摂取した後世界は赤くなった

男性がバイアグラを過剰摂取した後、彼が見たものすべてが赤くなってきました。

最初のケ​​ース

これは奇妙なケースであり、勃起不全治療薬と視力障害を関連付けた最初のケ​​ースです。

ニューヨークの病院は最近、すべてが赤くなったのを見た健康な31歳の男性の症例を報告しました。

医師は、彼の目を網膜毒性と診断しました。これは、人の色の見え方に影響を与える眼疾患です。

具体的には、その男性には、赤目によって特徴付けられる不可逆的な紅斑がありました。

医療レポートによると、男性の症状は、人気のある勃起不全治療薬の有効成分であるクエン酸シルデナフィルを服用した直後に発症し、患者はこの薬をオンラインで購入し、液体で直接飲みました。

ある事例研究では、ニューヨークのマウント サイナイ病院の研究者が高度な画像技術を使用して、患者の目を詳細に検査しました。

彼らは網膜の構造変化を明らかにし、クエン酸シルデナフィルが永久的な眼の損傷を引き起こす可能性があることを示しました。

調査結果について

彼らの調査結果は今月、網膜症例に掲載されています。

「網膜の構造変化は予想外だった」と、報告書の筆頭著者でマウント・サイナイ病院の院長であるリチャード・ローゼン博士は月曜日の声明で述べました。

「色覚障害がバイアグラの副作用の 1 つであることはわかっていますが、網膜の構造に対するこの薬の効果を視覚化したことはありませんでした。」

バイアグラを開発した製薬会社であるファイザーは、すぐにこの事件から距離を置きました。

病院のスポークスマンは声明の中で次のように述べた:「病院の声明によると、患者は実際に液体のシルデナフィルをオンラインで購入しましたが、処方箋が提供されたことを示すものはなく、摂取量は不明でした。

注目すべきは、規制当局が液体を承認していないことです。勃起不全の治療のためのシルデナフィルです。」

バイアグラの副作用

バイアグラは、羞明、かすみ目、明るさの増加など、視力に対する短期的な副作用も以前に報告しています。

一部の人々は、クエン酸シルデナフィルが青緑色光を検出する桿体細胞を活性化する酵素を阻害するために発生する青視力を報告しています。

長期の網膜毒性の別のケースが報告されましたが、このケースは 1 年以内に解決しました。

良い公式チャンネルから購入すること

ニューヨークのケースがどれだけの薬を服用したかは正確には不明ですが、彼の医療レポートによると、「50mg/mLをはるかに超えていた」可能性が高く、投与量が損傷を引き起こした可能性があります。

一方で、オンラインで「薬局以外から」薬を購入したため、その純度にも疑問がありました。

2011 年の米国の調査では、22 の薬局の Web サイトで販売されている「バイアグラ100mg」錠剤の 77% が偽造品であることがわかりました。

多くの「陽を改善する」漢方薬または薬用ワインはクエン酸シルデナフィルと混合されており、投与量は不明です。

「人は多ければ多いほど良いという考えを持って生きているようですが、そうではないことがよくあります。」

残りの人生をピンク色で暮らすこの男性は、その例かもしれません。